<研究調査用特殊機器 HOGA 環境調査用定置網>

研究調査用特殊機器
HOGA®



  Specialist in Technical Research Equipment®



お問い合わせ
はこちらから
ニュース 商品検索 会社情報 あんてな 取引案内 サイトマップ
トップ商品検索ジャンル別水環境>環境調査用定置網

環境調査用定置網(河川・湖沼用)






漁業用定置網の超小型で、モンドリ部の輪がが無ければ、形だけは地曳網に近いです。
胴の部分には、返し(もんどり型)が2ヶ所、カゴ内にがついて逃げられません。
写真は、青のモジ網の袋部ですが、現在は丈夫で柔らかいこげ茶色のテトロンモジ網に変わりました。



<使い方など>

☆河川で使うからと言って、上流向き用、下流向き用、右岸設置用、左岸設置用は存在しません。
使い方次第です。
☆設置の際は、ホームセンターなどで、マルカン(鉄杭)やロープを購入し、設置場所に合った工夫をしてください。数日間設置する場合は、ロープやペグで臨機応変にお考えください。
☆たくさん木の葉やゴミが流れてくる場所は、網への抵抗が大きくなります。流されないよう、点検などご配慮下さい。
・通常は川下に向けてV 字型にセットします。川上に向けセットし、川を下る魚の調査にも利用できます。
・セットさえすれば、稚魚から成魚まで遡上する魚を幅広く捕獲できます。
・袖網の付け根には網製の3段式モンドリがあり、魚を傷つけることなく捕獲できます。巻網 ・刺し網とは違い、網目も細かいので網に魚体がささりにくく、殺すことなく捕獲できます。
・最後尾の回収網部は、地曳網の袋部のように簡単に魚を取り出せます。
・収納時は、どのサイズもコンパクトになり運搬に便利です。

<網目>
青い袋部は、半目が約4㎜なので、入った魚はあまり逃すとは考えられません。
・網の色は、肉眼で魚が良く分かる赤黒い茶色に仕上がっています。(網目約6.5㎜)
・魚は物体に沿って泳ぐので、袖網に刺さる魚はほぼいないと考えられます。
・青いモンドリ網部の後端は、紐でくくって閉じます。
・渓流では遡上するアユ、イワナ、アマゴ、カジカをはじめ、様々な魚種や、サンショウウオなど、多くの生き物が捕獲されました。

≪超小型地曳網の作り方とその利用≫

小型定置網を地曳網として使う方法をお教えします。

☆ロープ、追加用浮き、追加用おもり、当方へ依頼の加工賃はすべて別費用になります。
☆環境調査用の小型定置網 M-Lをベースとした疑似地曳網です。
☆地曳網の場合、口の下部が砂地に接しますが、定置網の構造では入り口は砂地に接しません。入り口部の下部に、おもりをたくさんつける必要があります。

・青い網カゴ部にあるリングの上端と側面、袋部の最後部に空のペットボトルなどをくくりつけると、水底につかないよう浮き上がるようになります。小振りのペットボトルなどを、バランス良く両側に付けて下さい。
☆小型定置網には左右の袖部があります。
・袖網の最下部・水底に着く位置には、ポリエチレン製の太いロープを取り付けます。(φ14~16㎜程度)
・ロープの材質は、水を吸わない重い樹脂素材のものを選びます。
・地曳網のように引っ張るのにも重さの加減からも、ロープの直径は20㎜から15㎜程度が扱いやすいかもしれません。

☆上下につけるロープの長さは、定置網の袖の長さよりも5mは長くしましょう。任意にお決めください。
・袖網の上部側には浮きをつけたロープがあります。これに沿わせ、直径5㎜程度以上のロープを袖の長さよりも5m以上長く取り付けます。定置網とロープロープの固定には、インシロック(結束バンド)か紐を使用し、袖網の上部側、下部側に結んでください。
・定置網のサイズによりますが、袖の端から一定の長さ(仮に5m)で上下2本のロープをに等辺三角形になる位置で束ねます。この部位に、カラビナをつけるとよいでしょう。
・このカラビナに、直径は20㎜から15㎜程度のロープをつなげば完成です。

・海でヒラメやカレイ、砂に潜る生き物を採取する時は、カゴ部の全面端から1.5mほどの位置に工夫をしてみましょう。・下側の太いロープに鎖や音のするものをぶら下げると、きっと「ガラ引き漁」のような効果も得られるでしょう。
・地曳網の場合、捕獲部の下部に位置する部分が網地とロープで、そこに接するおもりもあります。別売りで追加の網地や沈子ロープも販売します。捕獲部の口を、必要に応じて改造する必要があります。入り口を縦長、または横長のスリットにしたりします。お試しください。
☆本来地曳網は、砂地の所で使用します。サンゴや岩に引っ掛かると破れてしまいます。


「サーフネット」 受注生産品   地曳網のページもご覧ください。

≪河口部などで使う、環境調査用移動型簡易地引網≫
本来の地曳網とは異なり、水に立ちこんで河口部や追い込みで使うネットです。
・地曳網とは異なり袖にロープはなく、2人で袖の先端にある手木を片方づつ持ち、引いて歩く。
・砂地の海底表面にいる生物を採取するための網です。

<下記が一般的な仕様です。>・・・全長 約8.5m
・袖の高さは1m。袖の長さはおよそ5m (5~4m)・・・袖は長い方が良い。V字型になって曳く。
・袖の網生地・・・ナイロンモジ網 白または青色 
・目開き・・・半目1㎜+(芯~芯で1.5㎜くらい) または、半目2..5㎜+(芯~芯で2.9㎜くらい)
 基本は、袖も回収部も同じ目合いです。回収部を細かくすることも可能。
  (参考例  回収部の網目・・・胴の前から1.5m長が半目1㎜、1m長が0.8㎜、1m長が0.4㎜)
・袖や全長が長すぎると、2人では引けません。ロープをつけ、多人数曳が必要です。
・手木の高さは、袖の高さより少し長い・・・任意の長さ可。基準は1.2mで、しっかり加工します
・袖先端の手木から前にはロープをつけません
・採取開口部の底辺・・・左右の袖取り付け部の距離 約1m。
・回収部  胴の周囲長・・・約3mから直径30㎝に絞ってあります。
・回収部  胴の袋長・・・3~4m(胴;約3.5m程度 中に返しはありません。)
・回収部  基本は、袖も回収部も同じ目合いです。
・回収部取り出し口周囲長・・・仕上がりφ30㎝程度 紐閉じ
・袖の上部・・・フロート付きロープ
・袖の下部・・・沈子コード

正式受注後の納期・・・約1ケ月(20営業日)


 
定置網の袋部の最後を閉じている紐を外すと、内部の魚を取り出せます。


環境調査用定置網の仕 価格 在庫
240515

M-S M-M M-L 超小型地曳網 サーフネット 
片袖の長さ 2m 3m 3m 13m(3+10) 4m(3~5m) 
袖の網目 約4㎜(※3) 7㎜(※1) 7㎜(※1) 約7㎜(※1) 2.5㎜または1.5㎜ 
胴/袋長 200cm 200cm 300㎝  400㎝ 3m~4m 
胴の直径 40cm 60㎝ 60㎝ 1m→円錐φ30㎝ 
胴の網目 約4㎜(※3) 約5㎜(※2) 約5㎜(※2) 約5㎜(※2) 2.5㎜、1.5㎜ 他
胴の網色 こげ茶 黒:モジ網 黒:モジ網 黒:モジ網 白または青のモジ網 
袖丈 60cm 100㎝ 120㎝ 120㎝ 1m 
モンドリ部外径 40cm 40cm 60㎝ 60㎝ 1m 
モンドリ部の口 約12㎝□ 約10㎝ 15㎝ お客様で加工 1m 
浮子 × 〇 
沈子;おもり 〇 
納入価格 20,000 30,000 約80,000 問い合わせ 
在庫 廃番 15
0 (2)(10)
受注生産 受注生産 
入荷予定      7月     
メモ 大きな魚もOK ・追加工品です。
・ベースはM-L
・袖 8mもあります。
 サイズ仕様で、価格は変動します。
追加袖網  共通で使える!
 袖;半目7㎜・カッチ色 袖丈1.2m×長さ10m 錘、浮子付き
 M-MやM-Lの袖につなぎます。 
 
沈糸ロープ  地曳網に使用; 1mあたり200g以上の物を使用  
素材(※1)  袖;半目7㎜・カッチ色ナイロン210/6  
素材(※2)  胴半目:5㎜・黒テトロンラッセルモジ網  
素材(※3)  こげ茶:ポリエチレン 防風ネット  
在庫切れ時  
2024,1,19
在庫欄の( )は、予約です。入荷予定は
( )
赤字:特価納入価格は税抜きです。 

☆ 追加袖網 魚を誘導するための追加袖網           
7㎜目 袖丈1.2m×10m 浮子、鉛付き 3.7KG  要確認!
小型定置網の袖の端に、紐やインシロックでつないで使用。

※ <HOGA 環境調査用定置網の在庫数>は、こちらをご覧ください。

※ 袖網:網目 約6.5mm+ 胴+袋網:網目 約4mm



※ 袖網の上側には「浮き」が、下側にはまっすぐ沈むようにオモリがついています。


HOGA 地曳網
※環境調査用の小型タイプの地引網は、このページに写真がありません。
4人から6人で引っ張れる小型サイズです。

通常の定置網をベースにし、追加で袖を付けます。受注生産 ご相談ください。


超小型地曳網の作り方とその利用を読んで、自作されることをお勧めします。



ご注文・お問い合わせはこちら



↑ページトップに戻る


HOGALAB 〒600-8833 京都市下京区西酢屋町8 TEL:075-371-7415 FAX:075-371-5644
copyright(c) 2007 HOGA  All Rights Reserved.
当ホームページに使用している写真等を許可なく使用することを禁止します。

サイトマップPrivacy Policy