<研究調査用特殊機器 HOGA あんてな / コラム あんてな環境 地球からのメッセージ>

研究調査用特殊機器
HOGA®



  Specialist in Technical Research Equipment®

営業時間 09:00~18:00
【土・日・祝 定休】

お問い合わせはこちら
 HOGAは全国の大学・研究機関・環境調査会社・博物館などの研究機器を開発しています。
はじめての方へ コラム 商品検索 会社情報 アクセス 注文方法
トップ>あんてな コラム「あんてな環境」
あんてな

環境の異変や温暖化、生き物達の分布、生態など、
自然に目を向けた観察から得た情報を、保賀昭雄の写真と文章で掲載していきます。

コラム あんてな環境 HOGA アルバム 早川篤 ギャラリー MF 写真館
1

コラム
「あんてな 環境 ~自然からのメッセージ~」

1 あんてな「 人 」主原憲司氏 地球温暖化 芦生より発信

地球温暖化に伴う植物や昆虫の異変に10年ほど前から気づき、今も警鐘を鳴らし続ける人がいます。主原憲司(すはらけんじ)氏。生態不明の最後のゼフィルスと呼ばれた「ヒサマツミドリシジミ」の生態解明をしたことで、昆虫の研究者にはとても知られている人です。昆虫の生態研究ほか、観察した昆虫や植物の点描の細密画は命を感じるほど。中でも、蘭の花と訪花昆虫の関係に着目した、膨大な綿密画と観察記録は…続きを読む
                                     2006.11.29

2 ゾウの耳  うそか本当か!たぶん本当なんだろうなって
思ってしまうお話を書く事にします。「電撃ショッカーの脅威」

北海道で鮭類の研究をされ、野生鮭研究所を開かれている小宮山英重さんに、「電撃ショッカー」を日本製としてHOGAが安価に作るべきか相談しました。電撃ショッカーの問い合わせは、年に数回あります。しかし、現在HOGAでは販売していません。最も有名な海外品は、日本でとても高価です。この機器の特徴は、「ショックで浮き上がった魚も、時間が経てば再び泳ぐようになる。」というのが売り物です。渓流の環境や、鮭科魚類の生態に…続きを読む
                                     2006.03.30

3 エキノコックス

北海道で古くから知られていて、キタキツネなどの寄生虫として知られる病気です。北海道には数多く牧場があり、その周辺部や民家近くにキタキツネは平気で出没します。最近本州の芝生の育成販売をする会社が、北海道で芝生を作り、本州で販売を開始していると言う話を聞きました。そのせいか、ゴルフをする人や、ゴルフ場に勤務する人たちからもエキノコックスが確認されたと言うのです。また一説には、キツネの糞が芝地に飛散し、…続きを読む
                                     2004.09.01

4「サシバエの防除薬」…思い出と提言…牛乳の汚染を防げ!

牛や馬の体を刺して血を吸う昆虫に、「サシバエ」と言う嫌われ者がいます。この昆虫の薬剤による防除で、血液ばかりでなく糞や尿に殺虫剤の成分が出ていることに気づきました。私は、奇抜な角や輝きを持つ「糞虫」に15歳の頃(1968年頃)からとても興味を持っていました。ファーブルの昆虫記には「フンコロガシ(聖タマコガネ)」が登場します。この仲間であるコガネムシ科の一群は「糞虫(フンチュウ)」と呼ばれ、動物たちの排泄物である…続きを読む
                                     2005.03.07

5「全国の緑化が危ない!苗木が韓国・中国から大量に輸入されている!」

各地で緑化事業が推進され個人的にとても喜んでいました。昨年のことです。苗木は「どんぐり銀行」のように在来種の実生からばかりだと考えていた私は、大きな鉄槌で殴られた気がしました。苗木は、園芸業者に苗木を供給する輸入業者がさらにあり、ほとんどが小さいものでも30cmから50cm程度に成長しています。樹種もコナラ、クリ、ブナ、マツなどが苗木の大半を占めているとか。昆虫の卵が産み付けられていたり、その卵の中にも…続きを読む
                                     2005.03.07

6 保賀昭雄のアウトドア雑記 2007

暖冬で余計暮らしやすくなったのか、石垣島では倒産したホテルが放したインドクジャクが大繁殖しました。野菜への被害ばかりでなく、天然記念物に指定されている昆虫や爬虫類、両生類にまで被害が拡大しています。壱岐ではホテルの閉鎖で放された当初20頭ほどのタイワンリスが、作物を食い荒らして大きな被害が出ています。今年1月から5月末までに9,800頭が駆除されたというほどの勢いで増え続けています。私もインドクジャク…続きを読む
                                     2007.07.06

7 温暖化と野生動物 2008

昨年に増して、温暖化に関わるニュースが頻繁に報道されています。HOGAが配布していたCDには2000年頃から<あんてな「人」主原憲司氏 地球温暖化 芦生より発信>という記事を書き綴ってきました。今では早春から真夏日やヒートアイランド現象が見られ、生き物たちの世界にも随所で顕著な変化が現れていることは皆さんご存知の通りです。ヒマラヤの氷河の衰退や極地の解氷がわずかに議論された頃、目に見えないスピードで…続きを読む
                                     2008.10.22

8 保賀昭雄のアウトドア雑記 2008

春から少しずつ書くつもりが、紅葉の季節を過ぎ、冬も通り越し、2009年4月にこの文章を書いています。2008年の春。温暖化の影響で、もともと低山地に生息するギフチョウを標高600mの地域で写真撮影を試みました。しかし4月下旬と5月にかけて、生息地に数回出かけました。山に行ってみると天候の急変で4月末に降雪があり、日陰には溶けることなく雪が残っていました。当日ギフチョウの姿は、気温の低下のためか見られ…続きを読む
                                     2009.04.10

9 保賀昭雄のアウトドア雑記 2011

桜の開花の頃から5月中旬頃までの間、大量の「黄砂」が飛散しています。私はその影響で、花粉症的になりとても不調です。この頃、春の女神と呼ばれるギフチョウなど昆虫を探しに行くと、さらに重症の花粉症患者のようになってしまいます。ギフチョウの様子を知りたくて探しに出かけた人達に聞くと、京都盆地側の従来の生息地では姿を見なくなったとよく聞きます。地球環境が温暖化しているからなのか、2月、3月に高温が続くと…続きを読む
                                     2012.08.01

10 京都イワナ釣り紀行2012

私の初めての山歩きは10歳の頃です。京都北山の雲ケ畑(くもがはた)近辺へ連れていただき、木材搬出のための木馬道(きんまみち)を肩車してもらったことを鮮明に覚えています。その後、昆虫採集や登山に興味を持ち、随所に出かけるようになりました。初めてのイワナ釣りは、18歳を過ぎた頃でした。仲良しのお兄さんに連れられ、比良山系の武奈ヶ岳につながる渓を、ふもとから遡行しました。険しい源流部の遡行は獣道に思える…続きを読む
                                     2012.11.05

11 アメリカザリガニとウシガエルの駆除について考える2014

「いのちの森」は、1996年4月に京都市下京区梅小路公園内に開設された、建都1200年のメモリアルシンボルである。京都駅近くの自然の残らない都市の中心に、面積約0.6haの人工の緑地を創る。一見里山の風景をほうふつとさせる、緑と水の流れ、雑木林を主体とした疑似自然公園をめざした。その雑木林は、野鳥や昆虫が生息する「いのちあふれる森」、「ビオトープ」、「生き物たちの聖域」と紹介され、期待が寄せられた。…続きを読む
                                     2014.05.30


トップ おすすめ商品 取扱いメーカー HOGAシステム お問い合わせ カタログダウンロード

↑ページトップに戻る


HOGALAB 〒600-8833 京都市下京区西酢屋町8 TEL:075-371-7415 FAX:075-371-5644
copyright(c) 2007 HOGA  All Rights Reserved.
当ホームページに使用している写真等を許可なく使用することを禁止します。

サイトマップPrivacy Policy