<研究調査用特殊機器 HOGA 環境調査用地曳網>

研究調査用特殊機器
HOGA®



  Specialist in Technical Research Equipment®



お問い合わせ
はこちらから
ニュース 商品検索 会社情報 あんてな 取引案内 サイトマップ
トップ商品検索ジャンル別水環境>環境調査用地曳網

HOGA地曳網(地引網)


~とても上等な漁師網~
特注 受注生産です


 地曳網とは、両袖の後部に回収袋部を備えた捕獲網のことで、左右の袖には直径15㎜以上のロープをつけて加工しています。
・漁業や観光地曳網に使う地曳網は、目開き・目合い(オープニング)が15㎜以上20㎜程度あります。
・左右の引綱の長さは、30m以上から20mが多いです。

☆HOGAでは、底生動物や稚魚調査のために、目開きを3㎜や5㎜で製作します。
☆目の粗い、観光地曳網に使う網よりも、ずっと上等で高額になります。
☆手作り仕上げです。とても早く仕上がっても、正式受注から30日かかります。
☆観光地曳網漁と環境調査で使う地曳網との違いは、網の目だけではありません。
☆HOGA環境調査用地曳網の特徴
・主に砂地の表層を引き、海底に生息する魚類や甲殻類を捕獲することを目的とする。
・地曳網の目的が砂地表層の生物採取です。
・袖網が水中で立ち上がるように、大型のフロートをたくさんつけています。
・海面で確認できないくらい深く沈んでも、袖が立ち上がっている。
・袖網の長さや丈が長くなるほど、引いたときに水の抵抗が大きくなる。
・網が大きくなると、小人数では海岸の砂辺に引き寄せられません。

・経験的に、使いやすい仕上がりです。
・袖網の長さ、袖網の丈、捕獲袋部、ロープ長など、ご要望にお応えします。

仕様/価格:お問い合わせ
手作りの受注生産品につき、サイズや仕様により価格が異なります。



   
  

【地曳網・・・特注 受注生産です】
・詳細にやり取りをしながら、サイズや網目(オープニング)、素材を決定します。
・特殊仕様の図を書きます。(受注時、最終図面の日付番号の仕様で製作)

【発注までの流れ】
・基本形を確認する。
・袖の長さと高さ、目合いと、袋部の長さと目合い、取り出し口の直径を決定する。
・ロープ長、太さを決定する。
・追加特注仕様の詰めを行う。
・浮子や錘は、バランスにより取り付け位置が変わります。
・特注仕様の図を作成する。
・納期・・・正式受注から40日~30日前後。(大型休暇を除く)
【地曳網の目合い(オープニング)】
・上記形状のものに、御希望の目合いで製作します。
・全面を3㎜以下にもできますが、小人数では引き上げられません。
・5mm⇔3mmのつなぎ目から破れることは滅多にありません。

【地曳網のロープ長】
※S7の場合、さばきやすいようにロープ長は片側15mです。延長は可能。
※さらにロープ長を延ばすには、
ロープに金具をつけるか、延長用のロープと「電車結び」などをします。

 
 ≪特注地曳網 最近の納品≫
☆20210315 全長12m S8/5㎜-F3/FL4m‐Kφ60/4m(210219図) 
☆20220105 全長17m S16.5-H1.2/7.5㎜-FL4/5㎜ Dφ60㎝       
☆20220411 全長17m S13/7.5㎜-H1.2-FL4/5㎜  Dφ60㎝     
☆20220621 全長23m S18-H1.5/3-FL3/9㎜+F2m(φ20㎝)   
S=袖の長さ、H=袖の高さ、F=袋長、Kφ=回収部取り出し口直径
  


河口部などで使う、

移動型簡易地曳網  「サーフネット

受注生産しています 

 特注で、ご希望の仕様ごとに見積もりです。

本来の地曳網とは異なり、
水に立ちこんで手木を曳き、河口部や砂地で使うネット
です。 
袖にはフロートと重りがつきます。

・砂地の海底表面にいる生物を採取するための超小型地曳網です。
・地曳網とは異なり小型。2人曳きの小型は、前縁部の手木にロープがありません。
・2人で両袖の先端にある手木を片方づつ持ち、V字に開いて水中を引いて歩く。

・細かすぎる網目にすると、水の抵抗が大きくなりすぎて歩いて曳けない。
・袖や全長が長すぎると、2人では引けない。手木にロープをつけ、多人数曳が必要です。
・袖の高さが50㎝でも、手木の長さ基準は90mほどに。
・基本は直径30㎜程度の丸棒。塩ビパイプや竹、アルミポールを取り付けます。
・使用時は、調査するV字形より広めに広がる。進行方向(調査方向)を踏み荒らすと獲れない。

≪下記が一般的な仕様です≫・・・大型サーフネットと小型サーフネット
☆「大型サーフネット・・・」ロープも付けて片側2人曳き。
・全長 約8.5m・・・2人で曳くには大きすぎる。先端にロープをつけて片側2人以上で曳く。
・袖の高さは1m以下。
・袖の長さはおよそ5m (5~4m)・・・袖は長い方が良い。V字型になって曳く。

☆「小型サーフネット ・・・片側1人。
・小型の2人曳きで、」袖先端の手木から前にはロープをつけません・・・受注販売
・全長 約6m~・・・2人で曳くため、袖の網は2.5㎜以上。細かすぎると抵抗が大きすぎる。
・袖の高さは50㎝程度。φ3㎝-90㎝の手木をつけます。
・袖の長さはおよ3m程度
・回収部の袋長 約2m程度

☆共通の仕様

・基本は、袖も回収部も同じ目合いです。回収部を細かくすることも可能。
・手木の高さは、袖の高さより少し長い・・・任意の長さ可。
・袖の目開き・・・半目2..5㎜以下(芯~芯で2.9㎜くらい)
・袖の網生地・・・ナイロンモジ網 白または青色
・回収部の目開き・・・半目1㎜+(芯~芯で1.5㎜くらい)
・採取部の底辺・・・左右の袖取り付け部間の距離 約1m。
・回収部  胴の周囲長・・・約3mから直径30㎝に絞ってあります。
・回収部  胴の袋長・・・3~4m(胴;約3.5m程度 中に返しはありません。特注では可能)
・回収部取り出し口周囲長・・・仕上がりφ30㎝程度 紐閉じ
・袖の上部・・・フロート付きロープ
・袖の下部・・・沈子コード ・下記のように加工工程が複雑になると、高額になります。
 (参考例  回収部の網目・・・胴の前から1.5m長が半目1㎜、1m長が0.8㎜、1m長が0.4㎜)

正式受注後の納期・・・約1ケ月(20営業日)

 糸の目合いについて
 産業用の漁網は、メッシュネットとは違う製品です。その為、オープニング(目開き)とは言いません。丈夫な生地を作るためには、嫌が上にも使用する糸が太くなっていきます。
産業用の網生地では、、製品ごとに厚さや密の具合で、糸~糸までの間隔が異なってきます。
糸間隔の表現は、、50㎝の中に糸が何本通っているかということが使われています。

これは、その生地幅50㎝の中に、何本の糸があるかということで、その規格が表現されます。例えば、50㎝で200本の生地は、糸の芯から芯までの距離が2.5㎜と言うことになります。

モノフィラメントや撚り糸、さらに生地に樹脂引きした生地になると、同じ50㎝に200本の糸が使われていても、使われた糸の太さや、織物の上に樹脂かけをした状況で、厚さや目開き(オープニング)に差が出ます。
完全に目開き(オープニング)を知りたい場合は、マイクロスコープや顕微鏡、画像計測などで確認することになります。
仮にその検査をしても、糸を使った生地は織物です。数センチ離れた部分を測定しなおしても、誤差が出るでしょう。
※糸の芯~芯までの距離が2.5㎜の漁網の場合、約2㎜以下だと言えるでしょう。

 参考  モジ網など、2.5㎜と1.7㎜の目開きについて
☆糸の芯~芯が 2.5㎜・・・50㎝の幅に200本の糸が。(500㎜÷2.5㎜=200本) 概寸2㎜程度。
☆糸の芯~芯が 1.7㎟・・・50㎝の幅に294本+の糸。(500㎜÷1.7㎜=294本) 概寸1.3㎜程度
網地の空間(オープニング)の距離は、糸間の寸法より小さいです。
糸の太さと加工された樹脂の乗りで、変わります。



環境調査用定置網をベースとした
「小型環境調査用用地曳網」も
ご覧ください。


環境調査用定置網は、このページの写真の製品とは全く異なります。
環境調査用定置網のページを参照。
安価。 受注生産 納期 3週間~

≪関連商品≫

桁網  定置網  胴長・ウェーダー
こちらもどうぞ→ 水環境調査関連一覧

HOGA製品在庫一覧はこちら


ご注文・お問い合わせはこちら



↑ページトップに戻る


HOGALAB 〒600-8833 京都市下京区西酢屋町8 TEL:075-371-7415 FAX:075-371-5644
copyright(c) 2007 HOGA  All Rights Reserved.
当ホームページに使用している写真等を許可なく使用することを禁止します。

サイトマップPrivacy Policy